FC2ブログ

ニュージーランド在住です。オールブラックス、スパラグ、そしてジュニアラグビーのこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オールブラックスがリベンジ果たすvアイルランド

対戦111年目にして初のオールブラックス戦勝利

乗ってるアイルランドと敵の本拠地ダブリンでの対戦です。

超満員のアビバスタジアム。


オールブラックスの出だしは絶好調、自キックオフをキャッチしてから
つないで、つないで、ノーフォイッスルでフェキトアのトライ!!
集中力を感じるトライで、今日は調子いい?!!
と、思ったんだけどねぇ・・・


写真は全てZIMBIOより
Ireland_v_New_Zealand_International_Match_2LnyTe_BBTEl.jpg


結果としては、オールブラックス3トライ、アイルランドノートライで
オールブラックスのディフェンスの勝利。
ペナルティーがアイルランドの4に対して、オールブラックスは14
イエローカード2枚
フェキトアのハイタックルはレッドに値すると言うことで、1週間の出場停止。

ニュージーランド側から言わせてもらえば、アイルランドにもハイタックルは
あったし、見逃された反則もいくつも。
それでも、これが北半球のレフェリーだったら、もっとひどいことになってたかも・・・
と、思うと、アウェイの試合で致し方なし、かなぁ。
負けたアイルランドも、もちろんレフェリングには不満があるようだし
そう言うもんでしょう。

ハイタックルがあったことは事実で、
ただし、激しい試合だったにもかかわらず、両チームともに汚いプレーは
ありませんでした。
殴ったり、蹴ったり、踏んだりと言ったようなことね。


と言うことで、今シーズン最後の試合、フランス戦に出場停止のフェキトアと
ケガで、ベン・スミス&サム・ケーンを失ったオールブラックスです・・・



Ireland_v_New_Zealand_International_Match_4Gx46SMLjv8l.jpg


Ireland_v_New_Zealand_International_Match_sts9ZJaxwI6l.jpg


Ireland_v_New_Zealand_International_Match_ZKzKd5rvdw6l.jpg


ベン・スミスの指、曲がってたもんね (;゜0゜)



この試合のマン・オブ・ザ・マッチは、プレイヤー・オブ・ザ・イヤーに
輝いたばかりの、ボーデン・バレットです。


Ireland_v_New_Zealand_International_Match_BgzM8BZNz0Fl.jpg


バレットと言えば、華麗なランニングと、的確なキックパスとアタックのイメージ
だけど、この日は特にディフェンスが素晴らしかった!!
一見、細身に見えるけど、タックル技術が高いんだろうね、
フォワードの選手との1対1の対決でも、必ず仕留めてくれます。
トライセーブのタックルなんて、カッコ良すぎるだろぉ \(^o^)/

途中、サヴィアが下がってからは、クルーデンがスタンドオフに入って
バレットがフルバックに。
次のフランス戦は、ベン・スミスが欠場なので、このフォーマットになるのかな?
ただし、首脳陣はあくまでバレットはSOで、ってことみたいですけれど。
ならば、ダグがFBに入るのかな?



Ireland_v_New_Zealand_International_Match_lL6oRqkPnzAl.jpg


FBにベン・スミスが定着して、行き場を失い、昨年はW杯スコッドから落選
失意(?)のイズラエル・ダグでしたが、テストレベルでのウイングでさらに開花!!
この、ジボを抜き去ったスピード、さらにハイボールの強さとキック力。
ジュリアン・サヴィアがまたまたハイボールの弱さを露呈したので、
ダグへの信頼感は高まるばかり。



そして、


Ireland_v_New_Zealand_International_Match_2KBA_c1j4kIl.jpg


アントン・レーナートブラウン

首脳陣の思惑としては、カレを今シーズンこんなに多用したくはなかった、との事。
バーン・アウトの可能性を考えて、若い選手は徐々に育てていきたい模様。
W杯翌年の今年、若い選手に徐々に経験を積ませているオールブラックス。
次のW杯はもちろん、その次まで見据えた、選手の起用、育成を考えているんだなぁ。

とは言え、アントン君は、最終戦も出なければならないですね。
クロッティは間に合うようですが、モアラはアウト、フェキトア出場停止。

そんなアントン君は、セクストンの早々の退場で早くに登場した
ギャリー・リングローズとは、2年前のU20JWCで戦った仲。
アントン君のインスタに、2人が共にボールに飛び込むシーンの写真がアップ
されてました。ギャリーくんのコメントもついてたよ(´∀`*)
U20から2年でのスピード出世。
この世代のリーダーとして、共に成長していってほしいものです。
そして、次は、ジュニアのつかない、ほんまもんのW杯って戦う日が来るのでしょう。
楽しみだなぁ ♪♪



そして、この試合の勝利には、シカゴでの対戦を欠場したこのお二人


Ireland_v_New_Zealand_International_Match_I0mUd1ulfHfl.jpg


Ireland_v_New_Zealand_International_Match_uVvsoBcikKpl.jpg


彼らが戻って来たことも大きい!!
特にレタリックは獅子奮迅の戦いぶり。
クルーデンにSOが替わった直後のキックオフは、レタリックのクレバーな
プレーに助けられましたし。(゚∀゚)

頼もしいお二人さんです。


さて、残すところ、今シーズンもフランスとの1試合のみ。

メンバー発表は明日ですかね。

好試合を期待しております。


Go! All Blacks!!




ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィール

Mumちゃん

Author:Mumちゃん
ラグビー好きが高じて?
NZへ移住することに

最新記事
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。