FC2ブログ

ニュージーランド在住です。オールブラックス、スパラグ、そしてジュニアラグビーのこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歴史的瞬間その時ニュージーランドは?オールブラックスvアイルランド

対戦111年目にしての快挙にアイルランドが沸く


写真は全てZIMBIOより
Ireland_v_New_Zealand_International_Match_M32HslNGA3fl.jpg


その時ニュージーランドは?


意外と冷静です。


「ワールドカップじゃないからね」

「アイルランドで良かった」

なんて、声もちまたにはあります。


個人的にも同意。

こんな時代(プロ)になって、一国がずっと勝ち続けるなんてねぇ
純然たる格下相手に負けたわけじゃなし
イマイチ調子が上がらない日もあるさ。

オールブラックスのSNSにも、勝ったときの何倍ものコメントが入ってるけど、
多くは、
「アイルランドおめでとぉ」
ってカンジ。

うん、オーストラリアに負けたくないのがニュージーランド人。
うんうん、イングランドに負けたくないのもニュージーランド人。
ならば、アイルランドはちょうどいい納得できる相手ってこと。(* ̄∇ ̄*)





Ireland_v_New_Zealand_International_Match_5g44U0aSCwdl.jpg


ちょうどコーチもニュージーランド人だしね。



ただし!

そこはオールブラックス。

2度目はない!!

同じ相手に同じ年に2度負けることは許されない。

きっと、超満員で超盛り上がるダブリンでの決戦。

追い込まれてます。


もしや、ハンセンはこの状況を作ろうとした?

なんて、ふと思ったりもする。





Ireland_v_New_Zealand_International_Match_ANTC1q-QqYzl.jpg


クロッティは思ったより大したことなくって、出場できそう。

子どもの学校では、ケガした時にクロッティが泣いていた!と言うのがもっぱらの話題(^^;





Ireland_v_New_Zealand_International_Match_d0UaBaZVpiOl.jpg


デビュー戦トライの選手は結構いるけど
デビュー戦敗戦の選手は滅多にいないオールブラックス
で、貴重な存在?スコット・バレット (´▽`)


朗報、レタリックが戦列復帰できるみたい。
チームに合流するため、旅立ちました。





Ireland_v_New_Zealand_International_Match_Lk4qZN69OmPl.jpg


アイルランドおめでとうございます。


ちなみに、ソルジャーフィールドのキャパは一応61500人らしい
そこに、62300の観客
アメリカにおけるラグビーマッチの記録だそうです。
関係ない国同士の対戦なのに。
シカゴって、スゴい街だね。



と、言うことで、現在、オールブラックスはイタリアはローマ入りしております。


アイルランドよ、2度目はない、首を洗って待ってらっしゃい。\(^▽^)/


Go! All Blacks!!



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村


スポンサーサイト
プロフィール

Mumちゃん

Author:Mumちゃん
ラグビー好きが高じて?
NZへ移住することに

最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。