FC2ブログ

ニュージーランド在住です。オールブラックス、スパラグ、そしてジュニアラグビーのこと。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マオリオールブラックス北半球ツアースコッド

オールブラックスに続いて、マオリオールブラックスのスコッドも発表されました。


写真は全てZIMBIOより
Maori_Blacks_v_New_Zealand_Barbarians_GuQjCLG3AcIl.jpg



マオリオールブラックススコッド

Marty McKenzie, James Lowe, Sean Wainui, Jason Emery, Matt Proctor, Tim Bateman, Ihaia West, Otere Black, Brad Weber, Billy Guyton, Whetu Douglas, Akira Ioane, Kara Pryor, Shane Christie, Reed Prinsep, Leighton Price, Jacob Skeen, Tom Franklin, Ben May, Mike Kainga, Chris Eves, Kane Hames, Marcel Renata, Ash Dixon (c), Leni Apisai, Joe Royal.



今回のツアーは、オールブラックスと同じく、シカゴ経由でのヨーロッパ(UK)行き。
と、言うことで、オールブラックスと連携を取り、ケガ人が出た場合、
マオリオールブラックスから選手を調達する、と言うことになるみたい。

マオリオールブラックスの選手にとって、いつビッグチャンスがやって来る!
ともしれない、モチベーションが高く保たれるツアーとなりそうですね。


昨年のマオリオールブラックスから、今年オールブラックススコッド入りした選手には


Maori_Blacks_v_New_Zealand_Barbarians_1uPQwLZbbUml.jpg


ダミアン・マッケンジー や





Maori_Blacks_v_New_Zealand_Barbarians_kCJ0--4JAHol.jpg


リエコ・イオアネと言った若手注目選手も



マオリオールブラックスにも


Maori_Blacks_v_New_Zealand_Barbarians_GFMduza1w2gl.jpg


これからの、活躍が期待される有望な若手たちが

オテレ・ブラック、昨年のスパラグでは結構使ってもらっていたのに
今年は全く出番なし。
ハリケーンズには来シーズンは、ボーデン・バレットの弟=ジョーディも加入
熾烈なポジション争いが起こりそうです。





Maori_Blacks_v_New_Zealand_Barbarians_J8OBcpgnmizl.jpg


イハイア・ウエスト、アキラ・イオアネの二人とも選出

アキラは妹、もとい弟(-∀-)のリエコに先を越されましたが
フォワードですからね、まだまだこれから。

オールブラックスが今、一番欲しいのは、カイノの後を任せられる
ブラインドサイドフランカーでしょうねぇ


まずは、オールブラックスより先に、シカゴでアメリカ代表イーグルスとの戦いです。

「ナショナルチームとの試合は、とても光栄なこと」
とは、コリン・クーパーコーチ。


オールブラックスとマオリオールブラックスの両方を観られる機会なんて
なかなかないのに、両方やって来るシカゴの人たち、ラッキーですね!!

これも、協会の政治的手腕かしらん



ランキングに参加しています。
にほんブログ村 その他スポーツブログ ラグビーへ
にほんブログ村



スポンサーサイト
プロフィール

Mumちゃん

Author:Mumちゃん
ラグビー好きが高じて?
NZへ移住することに

最新記事
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新コメント
カテゴリ
FC2カウンター
月別アーカイブ
ブログ村
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。